下着通販ならかわいい激安女性下着の三恵WEBストア

夏のブラジャー特集

三恵夏のブラジャー特集

もうすぐやって来る、本格的な夏。
気温の上昇とともにどんどん薄着になり、肌の露出度も高まります。
そんなときに気になることのひとつが、どんなブラジャーを着けるのかという問題ではないでしょうか?
例えば、フリルや刺繍が施されたブラジャーは、服に形や柄が影響してしまうため、薄手のTシャツには合わせられないでしょう。
また、サイズが合わないブラジャーを着けるのもNG。
背中にお肉の段差ができてしまい、ブラジャーが透けるのと同じくらい恥ずかしい思いをしかねません。
このように、夏はブラジャー選びに失敗すると、悲惨な事故を招いてしまう可能性があるのです。
そこで今回は、夏にぴったりのブラジャーの選び方を徹底的に解説します!
ぜひチェックして、夏のベストパートナーとなるブラジャーを見つけてくださいね。

三恵夏のブラジャー特集

夏ブラ特集チューブブラ

【夏のブラジャー選びのポイント1】
ストラップのチラ見え対策ができていること
襟元が広く開いた服やタンクトップを着る際に気になるのが、ブラジャーのストラップです。
これが見えてしまうと、どんなにかわいい服を着ていても、一気にだらしない印象になってしまいます。
そんな失敗を防ぐためには、ストラップがないブラジャーを選ぶのがおすすめです。
ストラップを取り外せる物でも構いませんが、フィット感を求めるなら、そもそもストラップがないチューブトップタイプがいいでしょう。
1枚持っておけば、今年流行のオフショルダートップスも難なく着こなせます。

総レースチューブブラジャー
ライン
総レースチューブブラジャー
ライン
総レースチューブブラジャー
ライン
総レースチューブブラジャー
ライン

夏の定番!響きにくいTシャツブラジャー

【夏のブラジャー選びのポイント2】
服に影響しないデザインであること

ブラジャーのデザインがトップスにくっきり透けている…。
そんな恥ずかしい思いをしないためには、生地の表面が滑らかな無地のブラジャーを選ぶのがポイントです。
カラーは、ベージュや明るいグレーなどの、肌になじむ物がベスト。
これなら、生地が薄めの白いTシャツを着ても邪魔になることはないでしょう。
さらに、胸のシルエットを美しく見せたい方には、無縫製のシームレスタイプがおすすめです。
ブラジャーの生地と肌との境目がなだらかになりますので、ブラジャーのラインが目立ちません。

ライン
ライン
ライン
ライン
ライン

夏ブラ特集ストラップレスブラ

【夏のブラジャー選びのポイント★上級編】
少し発想を変えて、見えても恥ずかしくないストラップのブラジャーを選ぶのもひとつの方法です
。 キャミソールのように見えるかわいいレースのストラップや、背中でクロスするといった「ブラジャーらしくない デザイン」のストラップなら、服からチラ見せしてもおしゃれに決まります。

まる胸メーカーブラ&ショーツセット

ストラップが背中でクロスする、セクシーなデザインの一枚。「見えても恥ずかしくない」ブラジャーです。
通常のブラジャーのようなベルトがないため、背中が見える服でも安心して着こなせます。
背中の蒸れが解消されるのもうれしいポイントでしょう。
また、厚手の内蔵パッドとレモンパッドがついていますので、シルエットメイクも完璧です!

ライン

夏の定番!背中見せブラジャー

ライン
ライン
ライン
ライン
ライン

夏の定番!ノンワイヤーブラジャー

【夏のブラジャー選びのポイント★上級編】
暑くなるこれからの季節。 外に出ると、じっとしているだけでもじんわり汗ばんでしまうものです。
中でも特に汗をかきやすいのが、胸元や脇、背中などのブラジャーが接するあたりではないでしょうか?
そんな状態でブラジャーが肌に食い込んで摩擦が起きると、かゆくなったり、ひどいときにはかぶれて痛みを伴ったりすることもあるでしょう。
そんなときにはあえてブラジャーではなく、さらっと1枚で着用できるブラトップもおススメです!

ライン
ライン
ライン
ライン
ライン

夏の定番!夏のお役立ちアイテム

ライン
ライン

気になる夏の汗問題!みんなはどう思っているの?
人間なら誰でも汗をかく…とわかってはいても、女性が汗の話題を口にするのは、なかなか恥ずかしいものでしょう。
しかし、他の女性たちがどの部分の汗を気にしているのかは知りたいですよね。
以下は、株式会社ワコールが、女性3,908人を対象に行ったアンケート調査の結果です。

<一番気になる汗の場所は?>
1位 脇  70%
2位 バストの谷間  8%
3位 頭  8%
4位 背中  6%
5位 首  4%

※株式会社ワコール、アンケート調査より
(集計期間:2014年6月1日~6月30日)

圧倒的に多かったのは、やはり脇。全体の70%を占めています。
2位以降は僅差でしたが、気になるのはトップ5のうち3つ(脇、バストの谷間、背中)がブラジャーの接する部位であるということです。
つまり、ブラジャーで汗対策ができれば、肌にかかる汗によるストレスを、大幅に解消できる可能性が高いということになります。
さらにワコールでは、「ブラジャーの中でも特にどの部分の汗が気になるか」というアンケートも取っています。
このアンケートに対して最も多かった回答は「胸の下」。
ワイヤーが肌に触れる部分が気になる方が多いようです。
次いで「胸の谷間」「背中」がランクインしています。
ブラジャーの汗対策は、カップとベルト部分の両方について講じる必要がありそうです。

ライン
PAGE TOP