下着通販ならかわいい激安女性下着の三恵WEBストア

「至福の着け心地」の夢を叶えてくれるノンワイヤーブラ!
その魅力と正しい選び方は?

皆さんは、ブラジャー選びにどんなこだわりを持っていますか?
自分好みのデザインであること、バストを大きく(または小さく)見せてくれること、シルエットを整えてくれることなど、さまざまあるでしょう。
そんなブラジャーのこだわりのひとつに、「着け心地が快適であること」を挙げる方は多いのではないかと思います。
ブラジャーは肌に直接触れるため、ほかの衣類よりも着け心地が気になるものです。

そこで、多くの女性に支持されているのが「ノンワイヤーブラ」です。
ワイヤーがないことで、長時間着用しても気にならないフィット感と、優しい肌あたりを実現しています。

今回は、ノンワイヤーブラについて、特徴や選び方を徹底的にご紹介!
おすすめのアイテムもご紹介しているので、すでにノンワイヤーブラを愛用している方もぜひチェックしてみてください。

ワイヤーブラとどう違うの?

「ノンワイヤーブラは着け心地が楽って聞くけれど、ワイヤーなしでバスト形を整えられるの?」。
ノンワイヤーブラに手を出せずにいる多くの方は、こんな不安を抱えているのではないでしょうか?
皆さんご存じのとおり、ブラジャーのワイヤーはバストを支える役割を果たしています。
ですから、ワイヤーがないブラジャーに対して、機能に不安を持つのは当然かもしれません。
そこで、まずはノンワイヤーブラの特徴についてご説明します。
多くの方が抱いている、ノンワイヤーブラへの疑問を整理していきましょう。

ノンワイヤーブラの魅力

ノンワイヤーブラの最大の魅力は、なんといっても圧迫感や肌との摩擦が少ないことにあります。
ワイヤーブラは固いワイヤー部分でバストを支えるため、どうしても強い締め付けを感じます。
長時間着用していると窮屈に感じて、「早く外したい」と思う方は少なくないでしょう。
また、体を動かしたときに摩擦が起きやすく、肌にダメージを与えやすいという欠点も。
同じ部分に継続して摩擦ダメージを与えてしまうと、肌が黒ずんでしまうこともあります。

一方、ノンワイヤーブラは、カップ全体でバストを支えるため、局所的に強い締め付けを感じることはありません。
ワイヤーブラは「バストを下から持ち上げて支えるイメージ」、ノンワイヤーブラは「バストを手のひらで包み込んで支えるイメージ」を想像してもらうとわかりやすいかと思います。
バストにかかる力を分散させる分、ホールド力を高めているのです。
そのため、一部に強い摩擦が起きる心配もありません。

また、気兼ねなく洗濯できるのもうれしいポイントです。
ワイヤーブラの場合、洗濯機で洗うとワイヤーが変形してしまうため、手洗いでのお手入れが基本。
しかし、ノンワイヤーブラなら、洗濯機にお任せでOK!お手入れの手間が大きく省けます。

ノンワイヤーブラの弱点

ノンワイヤーブラの弱点は、やはりワイヤーブラに比べるとバストメイクする力が弱いことです。
最近ではホールド力が高いアイテムも多く販売されていますが、バストのシルエットを整えたり、谷間を作ったりという観点では、どうしてもワイヤーブラに比べると劣ってしまいます。
また、ワイヤーがないことで背中との境界線が曖昧になり、バストが流れやすくなります。

ノンワイヤーブラが向いている人・シーンは?

ブラジャーのメリットとデメリットは、まさに表裏一体。
ブラジャーに求めることは人によって異なるため、必ずしもどちらのタイプが良いと決めることはできません。
自分の胸の大きさや形、シーンによってもベストなブラジャーは変わってきます。
ノンワイヤーブラの場合は、以下の条件にあてはまる方には向いているといえるでしょう。

<ノンワイヤーブラが向いている人>

・バストサイズが小さめ〜標準である
・生まれつき肌が弱い、もしくは何らかの理由で現在肌が弱くなっている
・忙しくてブラジャーを丁寧にお手入れできない

先述のとおり、ノンワイヤーブラはワイヤーブラに比べて、バストを支える力がやや弱くなっています。
そのため、バストが大きい方だと、きれいなバストの形をキープすることが難しくなります。
バストサイズが小さめから標準の方なら、問題なくノンワイヤーブラを使用できるでしょう。

また、シーンによってワイヤーブラとノンワイヤーブラを使い分けるのも賢い選択です。
例えば、体のラインが出るタイトな服や胸元が開いた服を着るときは、よりバストの形をきれいに見せてくれるワイヤーブラがおすすめ。
一方、あまり体のシルエットが出ないゆったりした服を着るときや、自宅でリラックスして過ごすときにはノンワイヤーブラがぴったりです。
肌へのダメージが少ないため、汗をかきやすい夏のシーズンにも最適です。

自分のバストに合うノンワイヤーブラの選び方

ブラジャー選びにおけるポイントは、やはり自分のサイズを正確に把握することでしょう。
バストサイズは、少しの体重の増減や加齢などによって、予想以上に変化するものです。
ブラジャーを新しく購入する際は、面倒でも必ずサイズを測り、そのときの自分の体型にぴったり合う物を購入しましょう。
これに加えて、ノンワイヤーブラを選ぶ際は、以下のポイントに気を付けてください。

ポイント1 バストを支える工夫が施されている物を選ぶ
ノンワイヤーブラは、カップ全体でバストを支えます。
そのため、カップの構造に工夫がされている物を選ぶと、着け心地が格段にアップします。具体的には、伸縮性が高く体の動きにフィットしてくれる物や、谷間ができるように中央へバストを寄せる構造になっている物が良いでしょう。

ポイント2 ストラップの長さを調整できる物を選ぶ
体へのフィット感を高めつつ、バストトップの位置を高く保ちたいなら、アジャスターでストラップの長さを調整できるタイプがおすすめです。
ただし、このタイプはどうしてもストラップが細くなってしまうため、ホールド力がやや下がります。バストが大きく、重量がある方には向かないでしょう。

ポイント3 3/4カップのタイプを選ぶ
女性のバストは、年齢を重ねると上部のボリュームが減ってきます。
そのため、フルカップのブラジャーを着用すると、上部に隙間ができてしまうことがあります。
「3/4カップ」のブラジャーなら、ホールド力はキープしつつ、隙間ができにくくなります。

おすすめのノンワイヤーブラ3選

最後に、おすすめの高機能ノンワイヤーブラを3つご紹介します。きっとお気に入りの1枚が見つかるはずです。

・チューブトップブラジャー

露出が増える夏に重宝するチューブトップタイプのノンワイヤーブラ。
バストを上へ引き上げるカップと中央に寄せるベルトで、ストラップがないにもかかわらず、バストを美しいシルエットに整えてくれます。また、女性らしいレースをあしらったデザインも魅力。
レースキャミソールのような見た目なので、胸元からちらりと見えても安心です。

谷間メイク☆前後のダブルホックで盛れる♪
価格:2,160円

・ハーフトップブラジャー

最大の特徴は、無縫製であること。
縫い目をなくすことで肌への負担を最小限に抑え、極上の着け心地を実現しています。
タグもないので、サイドや背中に違和感もありません。
洋服にも影響しにくく、ぴったりしたTシャツを着る際にも最適です。

吸汗 速乾 無縫製 究極ひびきにくい★360°ノンストレス♪
価格:1,382円

・ノンワイヤーブラジャー ショーツ セット

伸縮性に優れた素材が使われていて、体にフィットしてくれます。
体の動きにしっかりついてきてくれるので、スポーツをする際にもおすすめ。
通気性が高く、汗をかいても快適に着用できます。

360度伸びでフィット★手放せないつけ心地♪
価格:1,706円

いかがでしたか?優しい着け心地で体をリラックスさせてくれるノンワイヤーブラは、ワイヤーブラ派の方も1枚は持っておくことをおすすめします。
のんびり過ごしたい休日や、いつにも増してブラジャーの着け心地が気になる夏の季節に、ぜひ愛用してくださいね。

おすすめトピックスはこちら

ノンワイヤーブラジャー | ルームウェア

PAGE TOP
PAGE TOP