下着通販ならかわいい激安女性下着の三恵WEBストア

胸がかゆくなるのはなぜ?
その原因、実はブラジャーに問題があるのかも!

「ブラジャーをつけていると、アンダーラインやカップの中がかゆくなってしまう…」。
そんな悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか?
バストはかゆくても人前でかけない部位ですし、そもそもかいてしまうと肌にダメージを与えてしまうため、どうしたらいいものかと頭を抱えてしまう人も多いことでしょう。
特に気温が上昇する春から夏にかけては、汗をかきやすくなり、さらにかゆみが出やすい時期。
悩みが深刻になるまえに、何とか手を打ちたいものですよね。
今回は、ブラジャーをしていて胸がかゆくなる5つの原因とその対処法についてまとめました。
ブラジャーによる肌トラブルで悩んだことがあるすべての女性、必見です!

かゆみにさよなら!三恵おすすめ低刺激ブラジャー

コットン95%で肌に優しいブラジャー。
汗をかいてもしっかり吸収してくれて早く乾くため、汗による肌ダメージを受けにくくなります。
前開きのデザインなので、気になったときに汗を拭きやすいのもうれしい点です。
また、ストレスフリーなノンワイヤータイプなので、ワイヤーによる摩擦が気になる方も安心して着用できます。

肌にやさしく、ストレスフリー☆
価格:1,944円

【ブラで胸がかゆくなる原因1】素材や縫製が肌に合っていない

ブラジャーは肌に直接触れる物です。
そのため、素材や縫製が合わないと、影響がもろに出てしまいます。
例えば、化学繊維による肌荒れはよくあるケースのひとつ。
洋服では特に影響がなくても、下着では肌が荒れてしまうというケースは多く見られます。
また、縫製部分が肌にこすれて、かゆみの原因になることも…。

<対処法>
このようなケースにおすすめなのは、肌に優しい作りのブラジャーを選ぶことです。
素材はオーガニックコットンやシルクが最適。
特にシルクは肌触りがいいだけでなく、体温調節機能にも優れています。

夏場の暑い時期は涼しく、冬の寒い時期は暖かく、オールシーズン快適に着用できるのが魅力です。
縫製が気になる方は、シームレスのブラジャーがおすすめ。
肌への負担を和らげることに加え、服に影響しにくいのもうれしいポイントです。

【ブラで胸がかゆくなる原因2】蒸れやすいブラジャーを使っている

たくさん汗をかく季節に気を付けたいのは、ブラジャーの通気性です。
夏に蒸れやすいブラジャーを使っていると、特別肌が弱い方でなくても、あせもなどができてかゆみを感じるようになります。

<対処法>
暑い時期は、メッシュ素材など通気性に優れたブラジャーを選びましょう。
また、速乾性に優れた特殊素材や、触れるとひんやりする冷感素材を使ったブラジャーもおすすめです。
なお、見落としがちなのがパッドの素材。
バストの下部は汗をかきやすい部分なので、そこに入れるパッドの吸水性や通気性にはこだわりたいところです。
中綿がコットンのパッドを選ぶようにすると安心です。

【ブラで胸がかゆくなる原因3】ブラジャーのサイズが合っていない

サイズが合っていないブラジャーを着用していると、体とブラジャーとのあいだに摩擦が起きます。
小さすぎる場合はブラジャーが食い込み、大きすぎる場合は体を動かす度にずれてしまうからです。
この摩擦も、かゆみの大きな原因になります。

<対処法>
ブラジャーは、サイズをきちんと採寸してから購入しましょう。
適度に胸をサポートし、体の動きにしっかりフィットしてくれるブラジャーを選ぶと良いでしょう。
なお、生理期間中は胸が若干大きくなる方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、ある程度サイズに融通が利く、スポーツタイプのノンワイヤーブラがおすすめです。

【ブラで胸がかゆくなる原因4】そもそも肌が弱い

「素材や形状にこだわってブラジャーを選んでいるけれど、やっぱりかゆみがなくならない」という場合は、肌そのものに原因がある可能性があるかもしれません。
特に乾燥肌は、かゆみを引き起こしがちです。

<対処法>
丁寧な保湿ケアで、かゆみを抑えてあげることが有効です。

こまめに保湿クリームを塗るのはもちろんのこと、入浴後のオイルケアもおすすめです。
入浴後、体が濡れたままの状態でボディオイルを手に取り、体にたっぷりとなじませていきます。
全身にまんべんなく塗布したら、タオルで肌を押さえるようにして水を拭き取りましょう。
すると、肌にオイルのヴェールをかけたような状態になり、水分をしっかり肌に閉じ込めてくれます。
仕上げにボディクリームを重ねれば、しっとりと潤っているのを実感できるはずです。
また、肌に潤いを与えてくれる入浴剤を使用するのも効果的。
香りや色を楽しめる入浴剤を選べば、リラックスしながら保湿ケアができます。

【ブラで胸がかゆくなる原因5】加齢による体の変化

「若いころはかゆみを感じることはなかったのに、歳を取ってから急に気になり始めた」という方は、ホルモンバランスの変化に伴って、体の状態が変わってきたことが原因かもしれません。
例えば、更年期障害のひとつに「ホットフラッシュ」があります。
これは、前触れなく体温が急激に上昇し、大量に発汗してしまうというものです。
汗をかきやすくなることで、どうしても肌トラブルが起こるリスクは増えてしまいます。
さらに、加齢に反比例して皮脂分泌料が減っていくことも、かゆみを引き起こす要因のひとつです。
皮脂が減ると肌がどんどん乾燥して、刺激に過敏になってしまうのです。

<対処法>
これまでは、乾燥によるトラブルをあまり経験したことがない方も、年齢を重ねたら、積極的に保湿ケアを行うようにしてください。

かゆみにさようなら!ノンストレスなブラジャー3選

ここからは、ブラジャーの着用によるかゆみに悩む方に向けて、おすすめのブラジャーを3つご紹介します。

ノンワイヤー前開きコットンブラジャー

コットン95%で肌に優しいブラジャー。
汗をかいてもしっかり吸収してくれて早く乾くため、汗による肌ダメージを受けにくくなります。
前開きのデザインなので、気になったときに汗を拭きやすいのもうれしい点です。
また、ストレスフリーなノンワイヤータイプなので、ワイヤーによる摩擦が気になる方も安心して着用できます。

肌にやさしく、ストレスフリー☆
価格:1,944円

ノンワイヤーカップ裏シルク ブラジャー

肌に触れるカップの裏側の生地に、上質素材のシルクを使用した贅沢なブラジャー。
にもかかわらず、非常にリーズナブルなのが魅力です。
シルクのブラジャーは高級すぎてなかなか手が出せないという方でも、これならチャレンジしやすいはず!

シルク混カップ★
価格:1,479円

ノンワイヤーブラジャー

こちらは、吸汗性・速乾性に優れた素材を使用した、汗をかく季節にぴったりのブラジャーです。
カップ裏はメッシュになっており、通気性も抜群!ノンワイヤーで着け心地も文句なしです。
また、カップに余計なデザインがないため、Tシャツの下に着るのにもぴったりでしょう。

体幹トレーニングで健康美人に♪
価格:1,026円

ブラジャーをしていて胸がかゆくなってしまう原因は見つかりましたか?
自分の体のこと、そしてブラジャーのことをよく知って、肌状態や季節に合わせて適切なブラジャーを選ぶようにしてください。
今回ご紹介した対策に加えて、汗をかいたらこまめに拭く、そのあとは保湿クリームを塗るといった、基本的なケアもお忘れなく。

早めの準備と少しの工夫を意識して、今年の夏は快適に過ごしましょう!

おすすめトピックスはこちら

ノンワイヤーブラジャー | Tシャツブラジャー | シルク肌着

PAGE TOP
PAGE TOP