下着通販ならかわいい激安女性下着の三恵WEBストア

ブラジャーのワイヤーが痛いのは選び方・着け方に原因あり!
正しいブラジャーの着け方とは?

皆さんはブラジャーを着けていて、強い締め付けや不快感を覚えたことはありませんか?
特にワイヤー入りのブラジャーを着けているときに痛くなったことがある方は多いはず。
不快感がある程度ならまだ我慢できますが、中にはワイヤーが皮膚を傷付けてしまうケースもあるようです。
これらはすべて、ブラジャーが体に合っていない、もしくは正しく着用できていないサインである可能性が高いといえるでしょう。
つまり、適正なサイズのブラジャーを正しく着用することが、痛みをなくす第一歩です。
今回は、ワイヤー入りブラを着用することによる痛みに着目しながら、ブラジャーの正しい選び方・着け方をご紹介します。

三恵おすすめ!痛くないノンワイヤーブラ

バストを包み込むカップの裏側はシームレス仕様で、さらりとした滑らかな肌触り。ストレスフリーな着け心地です。
伸びの良いストレッチ素材を使用しているので、身体の動きにブラジャーがピッタリフィット。ズレにくいので締め付け感なしで、着けていることを忘れてしまうほど。
ノンワイヤーならではの驚きの柔らかさ。コンパクトにくるくるっと巻いて旅行などにも気軽に持っていけます。

シームレスでアウターにひびきにくい♪ノンワイヤーTシャツブラジャー
価格:1,490円

ワイヤー入りブラを着けると痛いのはなぜ?よくある原因4つ

ブラジャーに入っているワイヤーは、バストをしっかりとサポートし、きれいな形に保つ役割があります。
それゆえ、「ワイヤーが入っていると締め付けが強く、多少の痛みが出るもの」と思っている方は少なくないでしょう。
しかし、それは大きな誤りです。
ワイヤー入りのブラジャーでも、きちんと適正なサイズを選び、正しい方法で着用していれば、痛くなることはありません。
ましてや、皮膚を傷付けることなどはないのです。
では、どんなときに痛くなってしまうのでしょうか?
おもな原因としては、以下の4つが挙げられます。

【ワイヤー入りブラが痛い原因1】ブラジャーのサイズが合っていない

自身のブラジャーのサイズを正しく認識している女性は、非常に少ないといわれています。
きちんとサイズを計測したことがなかったり、自己採寸で測り方を誤っていたり、何年もまえに計測したサイズを基準にしていたり…。
さまざまな理由から、誤ったサイズのブラジャーを選んでしまっている人が多いのです。
ブラジャーのサイズが合っていないと、ブラジャーの中心部(カップとカップのあいだ)である「前中心」が痛みます。
バストがカップからはみ出ている場合は前中心がきつくなり、逆にスカスカの場合は前中心だけでブラジャーを支えてしまうため、過度な負担がかかって痛みが生じます。
前中心に痛みを感じる方は、速やかにブラジャーのサイズを見直すことをおすすめします。

【ワイヤー入りブラが痛い原因2】バージスラインとワイヤーの形状が合っていない

バージスラインとは、バストとお腹の境目のライン。つまり、カップの下のワイヤーにあたる部分のことを指します。
バージスラインがうまくフィットしないと、痛みが出る原因になります。
バージスラインのカーブの形状は、人によって異なります。
カーブが狭くて急な方もいれば、広く緩やかな方もいます。特に痛みが出やすいのは後者です。
この場合は、やや大きめのブラジャーを選ぶと痛みがなくなります。
カップに空きが出てしまう場合は、パッドを入れて調整してあげましょう。
ブラジャーのサイズ選びで基準になるのは、決してトップとアンダーの数値だけではないことを覚えておいてください。

【ワイヤー入りブラが痛い原因3】ブラジャーが寿命を過ぎている

サイズが合っているのにワイヤー入りブラジャーで痛くなる場合は、ブラジャーが寿命を過ぎている可能性があります。
長期間にわたって着用したり、何度も洗濯したりすると、ワイヤーが徐々に歪んで形が変わります。
すると、かつては合っていたはずのブラジャーで痛みを感じるようになるのです。
手入れの仕方にもよりますが、ブラジャーの寿命はおよそ1年といわれています。
どんなにお気に入りのデザインでも、1年を過ぎたら買い替えることをおすすめします。
なお、ワイヤー入りブラジャーの洗濯は手洗いが基本です。
どうしても面倒で洗濯機を使いたい場合は、専用の立体ネットを使用して、ワイヤーが歪まないようにしてください。

【ワイヤー入りブラが痛い原因4】姿勢が悪い

ブラジャーには問題がなく、本人の姿勢が悪い場合もあります。
必要以上に胸を張って肋骨を突き出していたり、猫背だったりすると、ワイヤーが体に食い込んでしまいがちになります。
壁に頭・背中・尻・かかとをつけて立ったときに、ブラジャーによる痛みを感じなければ、姿勢の問題である可能性大!
その場合は、ブラジャーの見直しではなく姿勢の矯正に励んでください。

正しい着け方で痛みを解消できることもあります

ブラジャーのサイズ選びを誤っている方が多いのと同じように、正しい着け方を知らない方もたくさんいます。
しかし、ブラジャーを正しい方法で着用すれば、体にしっかりフィットして、痛みを解消できることもあるのです。
ブラジャーを買い替えるまえに、まずは着け方を見直してみるといいかもしれません。

ブラジャーの正しい着け方

1. ストラップに腕を通し、前かがみになった状態でカップをバストに合わせ、ホックをとめる。
2. 前傾姿勢のまま、カップを少し浮かせて内側から手を入れ、バストを中心に寄せながらカップにしっかりと収める。
3. まっすぐに立ち、カップ全体を引き上げながら、ストラップの長さを調整する。
上記の方法で適切なサイズのブラジャーを着ければ、体を大きくひねっても、ストラップやワイヤーがきちんと体についてきてくれます。

それでもワイヤーが気になる方はノンワイヤーブラがおすすめ

「サイズや着け方を見直しても、やっぱりワイヤーが気になる…」という方は、ノンワイヤーのブラジャーを選んでみましょう。
ワイヤーが入っているブラジャーと比べると、どうしても補正力は落ちてしまいますが、最近ではきれいな形をキープしてくれるブラジャーがたくさん登場しています。
また、前中心部分のみワイヤーが入っていないタイプもおすすめです。
ワイヤーブラジャーの補正力を維持しつつも、嫌な締め付けを緩和してくれる、まさにいいとこ取りのブラジャーなのです。

着け心地抜群!ノンワイヤーブラ2選

ここからは、おすすめのノンワイヤーブラを2つご紹介します。
快適な着け心地にプラスアルファの魅力がある商品ばかりなので、ぜひワイヤーブラジャー派の方もチェックしてみてください。

洋服に影響しないからTシャツの季節にもぴったり!

バストを包み込むカップの裏側はシームレス仕様で、さらりとした滑らかな肌触り。ストレスフリーな着け心地です。
伸びの良いストレッチ素材を使用しているので、身体の動きにブラジャーがピッタリフィット。ズレにくいので締め付け感なしで、着けていることを忘れてしまうほど。
ノンワイヤーならではの驚きの柔らかさ。コンパクトにくるくるっと巻いて旅行などにも気軽に持っていけます。

シームレスでアウターにひびきにくい♪ノンワイヤーTシャツブラジャー
価格:1,490円




シンプルな総レースで普段使いにぴったり!総レースノンワイヤーブラジャー

ワイヤーによる締め付けを感じずに自然な丸みバストをつくれます。
15mmの内臓パッドと前中心を高めに設計したカップで、下からバストを持ち上げて、デコルテふっくら。
シンプルで上品な総レース使いは、普段使いにぴったり。

大人っぽいカラーの総レースカップ♪ノンワイヤーブラジャー
価格:1,080円




女性にとって欠かせない衣類であるブラジャーですが、正しい選び方、着け方を知っているのと知らないのでは、着け心地もシルエットもまったく違ってきます。
ぜひ、ブラジャーといい付き合い方をしていきましょう!

おすすめトピックスはこちら

ワイヤー入りブラジャー | ノンワイヤーブラジャー | 脇高ブラジャー

PAGE TOP
PAGE TOP