下着通販ならかわいい激安女性下着の三恵WEBストア

合わないブラはバストの下垂を加速させる!?
30代になったらブラジャーの選び方を見直すべし

女性の体は加齢に伴ってさまざまな変化が起こります。
そのひとつがバストの下垂です。
お風呂上がりにふと鏡を見て、「バストトップの位置が昔と全然違う!いつからこうなっていたんだろう…」と思ったことはありませんか?
実は、バストの下垂は10代の後半から徐々に始まり、30代には大きく変化が現れるといわれています。
そのため、30代になっても20代のころと同じような基準でブラジャーを選んでいると、バストにうまくフィットしなくなるのです。
それどころか、合わないブラジャーを着用し続けることで、バストの下垂がさらに進んでしまうことも…。
今回は、30代の女性におすすめのブラジャーの選び方についてご紹介します。
バストの変化を実感している方も、これから30代を迎える方も、必見です!

どうしてバストは加齢とともに下垂するの?

正しいブラジャーの選び方について学ぶまえに、まずは年齢を重ねることでバストに起こる変化を知っておきましょう。
私たち女性のバストは、おもに乳腺とそれを支えるクーパー靭帯、そして脂肪とで構成されています。
この一つひとつが、加齢によって少しずつ変化していくのです。

まずは、乳腺と脂肪の比率が変わってきます。
これはホルモンバランスの変化によって起こる現象で、人によって時期は異なりますが、多くの方が30代のあいだに大きな転換期を迎えます。
具体的には、20代まではバストの大部分を乳腺が占めていたはずが、30代に入るとだんだんと脂肪の比率が高くなるのです。
脂肪は非常に柔らかいため、重力などの影響を受けて次第に形が変わってしまいます。
つまり、バストに脂肪が増えてくる30代頃から形が変わる=下垂が始まるのです。

また、クーパー靭帯が伸びて、最終的には切れてしまうこともバストの下垂の大きな理由のひとつです。
クーパー靭帯は乳腺と結び付いてバストの重みを支えていますが、長年バストの重みや揺れによる衝撃などにさらされていると、次第に伸びてしまいます。
また、クーパー靭帯を構成するコラーゲンの量が加齢に比例して減少することも、それに拍車をかけています。
こうして、クーパー靭帯はやがて切れてしまい、胸を支える力を失ってしまうのです。

バストの下垂を食い止める日常のケア

ここまで読んで「加齢によってバストが下垂するのは避けられないことなのか…」とガッカリした方もいらっしゃるかもしれませんが、決してなす術がないわけではありません。
バストが垂れないように適切な工夫をすれば、下垂するペースは格段に遅くなり、きれいな形を長くキープすることができます。
多くの女性が顔の小じわが深くならないようマッサージしているのと同じように、バストも丁寧にケアをしてあげましょう。
ここでは、毎日の生活の中でできるケア方法をご紹介します。

●姿勢を見直す

猫背の方は要注意です!
背中が丸まった状態だと、胸の筋肉(大胸筋)に血液が十分に流れなくなります。
そうすると、バストに必要な栄養が行き届かなくなり、肌に張りを生むコラーゲンを生成することができず、下垂を招いてしまうのです。
姿勢を良くするのは簡単ではありませんが、日頃からなるべく意識して改善するようにしましょう。
どうしても忘れてしまいがちな方は、姿勢を矯正する下着やベルトを着用するのもおすすめです。

●大幅に体重が増加したあとのダイエットはNG

体重増加後のダイエットは、バストの下垂の原因になります。
その理由は、太ることによって皮膚やクーパー靭帯が伸びてしまうためです。
一度伸びてしまった皮膚とクーパー靭帯は元には戻りませんので、そのあとすぐにダイエットをすると、バストが垂れてしまうのです。
大幅な体重の増減は、バストの下垂以外にも体にさまざまな悪影響を及ぼします。
正しい食生活と適度な運動を心掛け、適正体重をキープするようにしてください。

●自分の体に合わないブラジャーを着けない

体に合わないブラジャーを着用していると、バストの形を悪くします。
例えば、適切なサイズよりも小さいブラジャーを着けている場合は、バストを必要以上に押さえ込んでしまい、中の組織を壊してしまいかねません。
逆に、適正サイズよりも大きいブラジャーを選んでしまうと、ブラジャーの中でバストが揺れてしまい、クーパー靭帯を傷めてしまう可能性があります。
バストを下垂させないためには、適度に胸を支えてくれるぴったりのブラジャーを選ぶ必要があるのです。

今のブラで大丈夫?合わないブラジャーの見極め方

「自分の胸に合うブラジャーを着けるべきと言われても、自分で判断するのは難しい」と思った方は、少なくないのではないでしょうか?
そこでここからは、合わないブラジャーに見られる特徴を具体的にご紹介します。
実は、自分の胸にベストなサイズのブラジャーを選べている方は、かなり少ないのです。
「私はきちんと合うブラジャーを選べているから大丈夫」と思った方も、ぜひチェックしてみてください。

【合わないブラジャーの見極め方】

・前傾姿勢になるとブラジャーとバストのあいだに隙間ができる
・脇や背中の肉にブラジャーが食い込んでいる
・肩ひもが頻繁にずれ落ちる
・走ったり飛んだりするとバストが揺れる
・腕を上げるとブラジャーもいっしょに上がってしまう

上記の中にひとつでもあてはまる項目がある場合は、ブラジャーが体に合っていない可能性が大!
この機会に見直して、自分にぴったりのブラジャーを手に入れてください。

30代の体に合うブラジャーの選び方

では、30代の女性が自分の体に合うブラジャーを選ぶために、具体的にはどんなポイントに気を付ければいいのでしょうか?

【30代のブラ選びのポイント1】バストサイズを計測し直す

「以前、計測したときから体重が変わっていないし…」という方も、バストの形は体重の増減に関係なく変わりますので、必ず測り直してください。
下着専門店でプロに測ってもらうか、自分で計測する場合は通販サイトなどに掲載されている正しいバストの測り方を確認しながらチェックするのがおすすめです。

【30代のブラ選びのポイント2】ストラップやベルトがしっかりしたブラジャーを選ぶ

20代のころに着用していたブラジャーより、ストラップやベルトがしっかりしたブラジャーを選びましょう。
すでにお伝えしているように、30代になると脂肪が増えてバストが柔らかくなります。
そのため、バストをしっかり支えられる構造のブラジャーでないと、バストの脂肪が背中や脇に流れてしまうのです。
バストやその周りをしっかりとサポートしてくれる、ホールド力の高いブラジャーを選びましょう。

【30代のブラ選びのポイント3】素材にもこだわって選ぶ

最後に、30代になったら、デザインだけでなく素材にも気を配りたいところです。
おすすめは、肌触りが良く、体温調節機能にも優れたシルクのブラジャー。
何事においても上質とは何かがわかってくる大人の女性にぴったりの素材といえるでしょう。
また、肌に優しいコットン素材も1枚は持っておきたいものです。
特に、オーガニックコットンのブラジャーは、汗をかいて肌トラブルが起きやすい夏におすすめです。

「年齢を重ねればバストは垂れるもの」、この認識は、半分正解で半分誤りです。
体は着実に変化していきますが、きちんと自分の体に合うブラジャーを着けてあげさえすれば、いくつになっても美しいバストをキープできるでしょう。
バストは、女性らしさを象徴するパーツです。丁寧にケアをして、年齢にかかわらず自信を持てるバストを育てていきましょう!

おすすめトピックスはこちら

補正ブラジャー | 脇高ブラジャー | 育乳ブラジャー

PAGE TOP
PAGE TOP